たった30秒の習慣で体の歪みを取る

seiza

足が短くなるとか、膝やスネに黒ずみが出ると言われて避けられている正座ですが、

 

本来の正しい姿勢での正座は、腰痛やO脚の改善にとても有効なんですよ。

椅子を使った洋式の生活をするようになり、正座をする機会も減り、ほとんどの方は正しい正座ができなくなっているんですよね。

踵を開き足指を重ねるようにくっつけて、ふくらはぎの間にお尻を落とすような形を取っているかたを多く見かけますが、これでは脚にねじれが出てしまうため、腰痛やO脚の原因になってしまいます。

正座をする時には両足を揃えてくっつけた踵の上にお尻を乗せるようにしましょう。

  1. 膝頭をくっつけた状態で膝立ちになり、
  2. 左右の踵はくっつけ、
  3. ゆっくりと腰を落としていき、
  4. 揃えた踵の上にお尻を乗せるように座ると、

 

自然と背筋が伸び、背骨本来のS字カーブが描かれ、脚や背骨の歪みを正す事ができます。

O脚や腰痛に悩んでいる方は毎朝30秒だけ、踵をくっつけた正座を試してみて下さい。

脚のねじれが正され、背骨も自然なS字カーブが描かれるようになり、体の左右の歪みも調整されるので、O脚やX脚、腰痛や肩こりの予防や改善効果が得られます。

正座をすることで脚に溜まった血液や体液を上半身に送り戻すことが出来ますので、脚のむくみ解消にも役立ちます。

 

また、背筋が伸びる事で消化器系統に掛かる負担が減る為、胃腸の弱い方は食後の正座をお勧めします。

ただし、血圧が高めの方や肥満傾向の方は注意が必要です。

正座をすることで下半身の血流が滞り、血栓が出来やすくなってしまったり、上半身に血液が集まった結果、更に血圧を上げてしまう事になりかねませんので、長時間の正座は避けた方が良さそうですね。

無理をしないで毎日短時間ずつ続けることが効果的です。

毎朝30秒の正座で、肩こり腰痛知らずの美脚を目指してみませんか。